2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移転しました!

以前の記事から更にご無沙汰しております。。。

さてさて、前回言ってたとおもいますが、ブログ作っちゃいました!
今後はそっちに完全移行しますので、これからもお付き合いください(ゝω・)キャピ

↓こちらになります。

麻雀好奇心

まだ、コンテンツないんですけどね^^
スポンサーサイト

久々に更新だけ

ご無沙汰してます。

私も今年度から社畜、もとい社会人となり、学生時代ほど自由な時間を得られなくなりました。
学生はいいですよ。学生の方はどうぞ思う存分楽しんでください。

(そして早くこちら側にいらっしゃい^^)

そんな話はさておき、今回は生存報告を兼ねた発表でも


(1)牌効率APIを実装中
 APIってほどでもないですけど・・・
 実は原型は1~2年前に出来てたんですが、いろいろあって挫折してましたw
 現在はコードを参考に組み直し&移植中です。
 内容については今回はあまり触れませんが、天鳳知ってる方は「牌理」のあの感じです。
 あれを使っていろいろやろう!って感じです。
 これについては気分が乗った時にでも日記に書きます

(2)自作HPをリニューアル
 現在のksみたいなHPをリニューアルしようと思ってます。
 これは時間があるときにでも少しずつ(無いけど)
 現在は、HTML5、CSS3の勉強兼ねたデザイン(笑)になっていますが、
 リニューアル後はjQueryとかも導入していこうかなと
 まだまだ勉強が足りないのでこんなことしか言えない^^;


そんな感じで、本年度からは更新今以上に遅くなるかもですが
よろしくお願いしますm(_ _)m

次回は麻雀のこと書きます、はい。

シャボについての考察

お久しぶりです。
卒業式終わりましたので春休みまでには羽生さん公開しようと思っています。

それはそうと、今回はちょっと変わった話でも

まずはこちらをご覧ください。

カンターツはずしリーチ

下家のリーチに対して何を切るかって話です。
候補としては、2m、9m、9pがありますが、これ9pと何かのシャボあるの?ってことを見ていきたいと思います。

先きり7pの69p待ちはワンチャンスありますが、仮にこれがノーチャンスの場合、また安牌候補が無い場合は飛んでいってしまう9pです。
わりとこういう状況って多いと思うので、何となく考えてみようと思いました。

仮にシャボだとすると、まず注目すべきは、7pからの1m3mカンターツはずし、そして3mでのリーチ。
つまり、7p切りの時の牌姿は、例えばこんな形

[例1]1m3m6m7m3p4p7p9p9p1s2s3s8s8s

ドラが1mだと、わりとやっちゃうかも。ちなみに牌理的にはコチラで


[例2]1m3m6m8m3p4p7p9p9p1s2s3s8s8s

うーん、これなら68mはずしそうだけど、7p切る人もいるかもしれない。牌理はコチラ


[例3]1m3m6m7m6p7p7p8p9p9p2s3s8s8s

これはさすがに7p切らんわw 一応牌理はコチラ


すいません、僕にはこれくらいの手順しか思いつかなかったです・・・
ただ、どれにもいえるのは、ドラ切ってまでシャボにする手じゃないってことです。
[例1]の牌姿にしても、ここからならどちらかの対子が重ならない限りドラ塔子出さないし

つまり、この立直に対して9pのシャボはほとんどないということです。
と言いたいところですが、実はこれ刺さるケースがあります。
すなわち、[例1]と[例2]における8s対子が役牌対子の時です。

この場合は、[例2]の場合においても僕は7pを切るかもしれないです。
そこで、最初の僕の何切る画像戻っていただいたら分かると思うんですが、僕が5順目に切ってる南、これ普通にアウトですね。切るもの無いと言っても不用意に出すものじゃないです。一発目は2sが無難かなという結論です。

まぁ、この役牌対子の場合は9pであたってもそれほど高い打点ではないはずなのであまり気にするところではないかもしれないですが


結論を述べると、ここでの9pシャボはほぼ無い、あっても打点は高くないということです。


正直どうでもいい内容だね!

でも、自分で調べるっていう過程が大事だとおもってるんです。
ってわけで、これも自分のための記事です、はい。

ほかにこういう形あるよとか、それっぽい内容あったら教えてください(*´ω`*)

羽生さんver.1.0完成

明けましておめでとうございます。
更新サボってました・・・


さて、今回は以前から作成していた牌譜管理ソフト「羽生さん」が完成したのでお披露目ー(*´ω`*)
まずはアイコンから

アイコン

こんな感じ。迷ったけど、シンプルに羽生さんの羽で。
・・・・牌譜全く関係ないですけどね


メイン画面

こちらがメイン画面。
コンセプトは本。管理っぽくね。
牌姿を登録、登録した牌姿の呼出、設定の3つの機能に分かれています。

まずは、登録画面から

登録画面

サムネクリックすると拡大します。
名前、牌姿、状況(心境)、当時の対応、結論部分をテキストで入力していきます。
名前と牌姿は必須入力ですが、その他は任意で。

画像の保存方法は2種類
・キャプチャする
・保存してある画像をアップロードする
キャプチャしたいならカメラ(のようなもの)ボタン、アップロードならその右のよく分からないボタン選択します。

画像消したい場合は一番左のゴミ箱ボタンで。
ちなみに画像も任意です。無い場合は勝手に「No Image」って出ます。

そして、マーカー。ここをクリックすると、赤→緑→青→灰に変わっていきます。
カテゴリで分けたり、解決、未解決で分けたりが可能です。


次は牌姿画面。

牌姿画面

登録した牌姿を見ることができます。
移動ボタンで牌姿を選択し、消したい場合は消しゴム(のようなもの)ボタン、修正したい場合は鉛筆ボタンで。
修正時は登録画面が出ます。

ボタン群2列目のマーカー別表示ボタンで、マーカーごとに表示できます。全てを見たい(もとに戻したい)場合は一番右のボタンで。

テキスト検索をしたい場合は検索ボタン

検索画面

キーワードはスペースやらコンマで複数選択可能です。
検索順序(最新 or 最古)、検索方法(AND or OR)を選択可能
表示方法は、「一致したページに移動」なら、検索順序、検索方法で合致した一番最初のページに移動するだけ、
「検索結果でリスト作成」は、合致したすべてのページでリストを編成します。
リスト作成の場合、合致していないページは全て除外されます。もとに戻したい場合はマーカー別表示ボタンの一番右で。

若干検索が複雑ですが、まぁこんな感じです。

あ、あと、このアプリは×ボタンで消してもPCのバックグラウンドで起動しています。

タスクトレイ

こんな感じで、タスクトレイに居座っています。
再度起動したい場合は、このアイコンをダブルクリック、もしくは右クリックで動作を選択します。
本当に終了したい場合は、右クリックで終了を選びます。

とまぁ、とりあえずはこんな感じ。

いないと思うけど、欲しいとか思った人はコメントで(*´ω`*)
あと、これ応用して牌譜管理以外の管理ソフトに出来るかなーとか思っていたり

1. 打牌選択2

今回は染め手と七対子について解説していきます。
※あくまでも現状の僕の打ち方です。参考程度にご覧ください

1.2 染め手

(1)打点が必要である程度色が偏っていれば染め
 例えばオーラスに5200、8000などの手が必要になった時に真っ先に考えられる手役が染めです。
 タンピンドラドラ、チートイ、ドラ3などの手が見えない場合は、多少無理をしても染め手に走らなくてはいけない状況がこれです。

ドラ:東

2m3m1p1p3p5p8p8p8s9s1z2z5z6z

打8s(もしくは9s)。23mも赤5mを引き入れた場合は使えるかもしれないですが、大体混一色コース


ドラ:4s

1m2m3m3s3s3s4s6s7s9s9s3z3z5z

一応イーシャンテンですが、打点が必要なときはここから123mをはずして染めに行く必要もあります。
打3m(12mよりは危険度が高い3mを先に切る的な)
ちなみに打点不要の場合は打白でいいと思います。



(2)他の色が愚形×2もしくは両面塔子×1程度なら染め
 特別その愚形の待ちが良い場合、ドラを使い切る場合は除きます。
 テンパイしてもリーチのみの手で、あまり押したくないなどの状況であれば積極的に打点上昇を見て染めていきます。

ドラ:9m

2m4m5p7p1s1s2s5s6s7s9s9s3z3z

打2m。一応の赤5m引きと、(ないと思うが)567の三色の可能性を消さないように
まぁ大体イッツーかホンイツの手組になると思います。


ドラ:8m

1m1m4m0m7m7m7m8m3p4p1z5z5z6z

打4p。イーシャンテンですが、「安手でもいいから速度重視」以外の場合は染めていきます。
この手を2000点で躱し手にしてしまうのはもったいない気がします。
速度重視の場合は打東or打撥



(3)あがれそうにないならいっそ染め
 他の色を捨ててちょっと遊んでみる感じです。上手くいけば高打点を叩けるのも魅力
 他家が同じ色の染め手以外の場合は守備力も高いです。
 もっと高度なことを言うと、ブラフをかますことで相手の手に自由に打たせないようにすることもできます。
 ただ、引き際を見極めないと放銃する可能性もあります。

1m4m2p4p5p8p9p9s1z2z2z3z4z7z

打1m。8種9牌で行ける気はしませんが、とりあえず筒子に寄せてみる。
次に打4m。3m5mが入ってきた場合のみ打9sで様子を見ますが、大体先制をとれないので萬子全部捨てて他家を警戒させるのも悪くないと思います。
他家から立直が入ってきたらたまってる字牌なりでオリればいいだけです。所詮クズ手


1.3 七対子

基本的に3対子、4対子の時の平和手か七対子にいくかの判断になります。


(1)3対子の場合
 3対子なら基本的に平和手にいきます。
 平和にいけない形、または状況の時は七対子を視野に手組していきます。

2m2m3m3m7m8m9m2p3p8p8p7s8s4z

打3m
広く受けるなら打北ですが、ここは安全牌として確保、塔子が足りており愚形がないので、対子をほぐします。
2mとの違いは後の安全牌になりやすいといったところでしょうか。(3mを自分で2枚使っているため)


1m2m2m5m7m9m3p3p5p8p8p4s6s5z

打白
正直、微妙です。あまりあがれそうにないですがここはめいっぱいに広げます。
他家の安牌が無く、早そうならば打9mなり打3pなりでお茶濁しといったところでしょうか。


1m1m8m8m1p3p6p8p8p1s3s4s6s8s

打1s
やる気の全く起きない手牌ですね・・・
とりあえず平和手順で七対子の芽も残した形で打っていきます。
ここからイッツーは難しいと思います。



(2)4対子の場合
 七対子にいくかどうかのボーダーラインが大体4対子です。
 平和にならないようなら七対子決め打ちしちゃいましょう
 平和に行ける手順があるなら七対子との両天秤
 平和良形なら基本的に平和手に行った方が早いです。

1m1m8m8m1p1p0p8p8p1s2s4s6s8s

打4s
手なりで打っても難しそうです。とりあえず打4sで後に七対子1s単騎待ちになった時の強さを見ます。
もし、手なりで行けた場合でも、68sのカン7s待ちが釣り出せそうという意味で悪くないと思います。
手なり見る場合は打1sが一番安定しますけどね


1m2m2m3m3m7m8m4p4p5p7p9p2s2s

打9p
平和と七対子の両天秤。4p2sの縦引きで立直のみですがテンパイもできます


1m2m2m3m3m3p3p4p7p8p6s7s3z3z

打3p
平和が確定しているので、両面塔子を固定するため3p対子をほぐします。
七対子はイーシャンテンからが遠いので、七対子の打点を必要としない時以外(平和の打点では足りない場合)は平和に向かった方がいいです。

«  | ホーム |  »

プロフィール

NIR

Author:NIR
NIRと書いてニラと呼びます。別にニラが好きというわけではありません。 基本的に趣味である麻雀の勉強のためのブログです。麻雀好きの方なら誰でも大歓迎です!皆様のご指導お待ちしております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

麻雀 (3)
雑記 (9)
何切る (7)
どうする (1)
戦術 (3)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。